猫の健康を第一に考え、グレインフリー、添加物不使用、高たんぱくで新鮮な野菜や果物を使用しているキャットフードは、多くの人から支持されています。主な原料は高たんぱくな白身魚で、その他では猫の身体を考え、厳選されたフレッシュな果物やカボチャなどの野菜が含まれています。ここでは、カボチャを含む事で、猫にとってどのようなメリットが発生するかをご説明します。

カボチャにはカロテンという成分が含まれており、カロテンには強い抗酸化作用があります。酸化は老化を意味します。猫も年を重ねると老化が進み、動作が鈍くなったり身体が弱くなり、身体に不自由が生じてきます。抗カボチャなどの酸化作用のある食材を摂取する事で、これらの進行を遅らせ、身体をいつまでも元気でいさせてくれるのです。また、老化防止や動脈硬化予防などにも効果があります。更にカボチャにはカリウムも豊富に含まれており、細胞内外の水分量や浸透圧を調節してくれます。その為、高血圧の予防やむくみを解消してくれ、尿としてナトリウムの排泄を促す作用もあります。また、カリウムは筋肉の収縮を助ける働きもあります。

かぼちゃは、カロテンやカリウムが豊富に含まれており、猫の健康維持にとても役立ちます。更に、食物繊維も豊富である事からお腹の働きをサポートする効果も期待できます。

猫の健康を考えた上で必要とされる主な栄養素は主にタンパク質ですが、その他にも人間同様にビタミンや食物繊維、カロテンなども健康上必要だと考えられています。昨今ではリンゴやカボチャなどを使用したキャットフードもあります。ここでは、カボチャを使用したキャットフードについて、ご説明します。

近年、カボチャを使用したキャットフードが販売されていますが、その特徴は、猫の健康を第一に考えた安心安全なキャットフードであると言う事です。穀物を一切使用していないグレインフリーである上に、着色料や香料などと言った添加物も使用されていません。主な原料は白身魚であり、キャットフード全体の6割以上を占めています。他4割の原料は、リンゴなどの果物やカボチャなどの野菜を使用しており、どれも新鮮で安心の食材です。その他にも、オメガ3やオメガ6などのサーモンオイルや、ハーブティなどでも使用される西洋タンポポも含まれます。匂いが強い事から猫の食いつきが良いと評判です。また、子猫から老猫まで与える事ができます。

猫に不必要である穀物は一切使用せず、高たんぱくでグレインフリー、厳選された新鮮で豊富な食材を使用したキャットフードです。

推奨リンク…モグニャン|カボチャ使用キャットフード

市販されているキャットフードは数多くあり、特徴も様々ですが、猫の健康を考えた身体に良いキャットフードとは、どのようなものなのでしょうか。ここでは、猫の身体に良いキャットフードについて、ご説明します。

身体に良いキャットフードを選ぶ際のポイントは、無添加であるか、グレインフリーであるか、原材料はお肉やお魚がメインであるかが重要になります。無添加とは、甘味料、香料、着色料、保存料、酸化防止剤などが入っていないものを指します。無添加の場合、本来必要な栄養成分のみが入っているので猫にとって不必要となるものが入っておらず、肥満や糖尿病などの病気を防いでくれ、健康へのリスクが下がります。グレインフリーとは、小麦やトウモロコシ、米などの穀物類を一切使用していないものを指します。穀物類を取りすぎると肥満につながったり、アレルギーを引き起こす恐れがあります。グレインフリーは消化器官への負担を減らし、健康的になる為病気予防や長寿につながります。また猫は本来肉食であり、肉や魚などのタンパク質をメインとして身体が作られています。ですから、キャットフードの主な原材料は肉や魚が望ましいのです。最近ではビタミンや食物繊維を含む果物や野菜などが含まれたキャットフードもあり、栄養を考えたものも多数あります。

現在、スーパーやペットショップなどで販売されているキャットフードには様々な種類のものがあり、年齢、体重、猫の種類によっても多種多様です。ここでは、キャットフードの種類について、ご説明します。

キャットフードは、ドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプと、大きく分けて3つあります。ドライタイプは、水分含有量が10パーセント以下のキャットフードです。水分含有量が13パーセント以上になるとカビが生える恐れがあるので、12パーセント以下にする事が望ましいとされています。実際、多くのメーカーでは安全面を考慮して、10パーセント以下に抑えているところが多いです。特徴として比較的安価で保存がしやすく、硬い為、あごや歯が鍛えられます。また、歯石が付きにくく、ブラッシング効果があるのも特徴です。セミモイストタイプは水分含有量が約25パーセントから35パーセント以下のもので、半生タイプのキャットフードです。水分を保持する為に、湿潤調整剤を添加しているものが多いのが特徴です。半生状態の為ドライタイプよりも保存が利きづらいので、開封後は冷蔵庫で保管する事をおすすめします。ウェットタイプは水分含有量が75パーセント以上のもので、主にパウチや缶詰に入って販売されています。匂いが強いのが特徴で、猫には好まれる傾向にあります。ウェットタイプは腐りやすく保存がきかない為、開封後は速やかに食べきる事をおすすめします。

猫も人間と同様にその日の体調や気分で食欲がない時があります。そんな時はドライとウェットを混ぜてみたりと工夫するのも手です。体調が悪い時はドライよりもウェットの方が食べやすい場合もあります。