キャットフードの種類


現在、スーパーやペットショップなどで販売されているキャットフードには様々な種類のものがあり、年齢、体重、猫の種類によっても多種多様です。ここでは、キャットフードの種類について、ご説明します。

キャットフードは、ドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプと、大きく分けて3つあります。ドライタイプは、水分含有量が10パーセント以下のキャットフードです。水分含有量が13パーセント以上になるとカビが生える恐れがあるので、12パーセント以下にする事が望ましいとされています。実際、多くのメーカーでは安全面を考慮して、10パーセント以下に抑えているところが多いです。特徴として比較的安価で保存がしやすく、硬い為、あごや歯が鍛えられます。また、歯石が付きにくく、ブラッシング効果があるのも特徴です。セミモイストタイプは水分含有量が約25パーセントから35パーセント以下のもので、半生タイプのキャットフードです。水分を保持する為に、湿潤調整剤を添加しているものが多いのが特徴です。半生状態の為ドライタイプよりも保存が利きづらいので、開封後は冷蔵庫で保管する事をおすすめします。ウェットタイプは水分含有量が75パーセント以上のもので、主にパウチや缶詰に入って販売されています。匂いが強いのが特徴で、猫には好まれる傾向にあります。ウェットタイプは腐りやすく保存がきかない為、開封後は速やかに食べきる事をおすすめします。

猫も人間と同様にその日の体調や気分で食欲がない時があります。そんな時はドライとウェットを混ぜてみたりと工夫するのも手です。体調が悪い時はドライよりもウェットの方が食べやすい場合もあります。